スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
千里のウルルン滞在記
2005 / 10 / 01 ( Sat )
時差のあるのを忘れてて、飛行機に乗り遅れ別の航空会社に乗せて貰ったため、偶然途中着陸したのが、プリンスエドワード島のシャーロットタウン空港。
まるで牧場の中にいるようなのどかな空港。
間違えたおかげで思いがけず「赤毛のアン」の島へ立ち寄ることができました。

シャーロットタウン空港


回り道したので目的のハリファックス国際空港へ着いたのは夕方。
朝暗いうちにシカゴを出たのに・・・。
見渡す限り、森、森、森、居眠りから覚めたらこの景色、なに、まさか不時着?と一瞬ドキッとした事判るでしょ、この景色だもん。

ハリファックス国際空港


下に黒く見えるのは夕日が映し出した搭乗機の影。
スポンサーサイト
18 : 36 : 10 | 千里のウルルン滞在記 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<千里のウルルン滞在記 | ホーム | 千里のウルルン滞在記>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fuutaro.blog26.fc2.com/tb.php/4-87e5bf4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
赤毛のアンの家
私の、ドロシーのカウントリーコテージの第一印象は、“赤毛のアン”の家だ。彼女の台所が、本当にかわいらしい。古いクッカリーに、天井から吊り下げられた幾つものフライパンやポット達、そしてツール達。彼女は、この家に引っ越したのが25年くらい前のことらしいが、前 Bric-a-Brac 愛する英国雑貨達!!【2005/10/03 01:15】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。