英語由来の呼び名はどれ?
2017 / 07 / 19 ( Wed )
英語由来の呼び名はどれ?

1)いくら  2)おくら  3)へくら

◆みんなが好きな鮭の卵が「いくら」。でもお高いので買う前に「これいくら?」と考えちゃうからこの名がついた、というわけではおまへんよ。

◆「いくら」はもともとロシア語で魚卵のこと。チョウザメ(キャビア)であろうと、ニシン(カズノコ)であろうと、魚卵ひっくるめてぜーんぶ「いくら」と言うんですと。

◆日本ではいつの間にか、ばらばらになった鮭の卵だけを「いくら」と呼ぶ習わしが定着したのね。ばらしてないのはちゃんと日本語で「筋子(すじこ)」と言ってますけど。

◆「へくら」とはいったい何ですねん。ちょっと見には意味不明やけど、たしかアイスランドにHeklaと言う火山があったような。かまどのすすを「へくら」とも言う地方も。

◆能登半島輪島市の沖合い50kmにあるのが舳倉島(へくらじま)。周囲4km海抜12m。でも結構住人もいて海女さんが採るアワビやサザエがとっても人気なの、知ってました?

◆こんな離れ小島なのに何千年も前の遺跡が出てくるのはその頃から住民がいた証拠。島の伝説に“遍蔵(へぐら)の翁”と言う神様が登場するので、多分これが由来でしょう。

◆「おくら」はゼッタイ日本語だと思ってました。奈良時代の有名な歌人がペンネームに使っていたくらいやもん。ほれ「山の上のおくら」ちゅうてな。

◆あほかいな、あれは“山之上憶良”だべ。「おくら」の原産地は北アフリカのエチオピア辺りらしいです。おくらは英語で“okra”。 ひぇ~、日本語そのまんまでねか。

<日本で言う“おくら”は、英語そのまんま、というのが正しいです>
スポンサーサイト
22 : 25 : 59 | うまいもんクイズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<喫茶店でぜったい飲めないコーヒーは? | ホーム | 昔、駅で使われていたボールは?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fuutaro.blog26.fc2.com/tb.php/202-53000708
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |