FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ある果物を縁起担ぎの人はこう呼びます。それは?
2016 / 06 / 29 ( Wed )
ある果物を縁起担ぎの人はこう呼びます。それは?

1)アリ 2)キリギリス 3)セミ


◆"アリとキリギリス"と言えば、世界中で愛されているイソップ童話の有名なお話。暑いさなか汗水たらして働くアリたち、やがて来る寒い季節に備えてね。

◆それ見たキリギリス、ばっかじゃないの、あんた達。食べ物いっぱい、気候は最高、いま遊ばんでいつ遊ぶんよ。そううそぶいてキリギリスはバイオリンを弾いたとさ。

◆やがて秋も過ぎ雪のやって来る頃、温かく冬ごもりを始めようとしたアリの所へ、よれよれのキリギリスがやってきて言うことにゃ、なんか食べるもん頂戴よ。

◆ふん、そんなン自業自得やんけ、帰れ帰れと追い出されたキリギリスは、哀れ飢え死にしてしもたんですと、ゲゲゲッ。これがイソップの元々の結末なんどすえ。

◆そらあんまり可哀そうだべと、別のラストが作られました。それはアリがキリギリスを温かく迎い入れ、ご馳走してあげるというもの。馬鹿にされたことも水に流してからに。

◆ディズニー映画がそれだったの。キリギリスは優しいアリのために、お礼のバイオリン演奏をするという感動のラストシーン。アリがとう、アリがとうと、声と弦とをふるわせながら。

◆でもキリギリスの鳴き声、あなた聞いたことあります? なんぼひいき目にみても、いえ聞いても、あれはバイオリンとはちゃいますえ。ざるそばすする音どすえ。  ずずっ、ずずっ ぴっ!

◆この物語、ギリシャで生まれたときは”アリとセミ”の話だったんよ。でもセミのいないアルプスから北へ物語が広まるにつれ、いつしか地元にいるキリギリスに化けたのね。

◆話戻して日本人の縁起担ぎはなかなかのもの。摩(す)る〔つかいはたすの意〕とはゲンが悪いとスルメをアタリメに。鏡餅割ってどないすんねん、鏡開きと言うてぇな。

◆果実は中身が酸味(すみ)だから「なすみ」→「なし」となり、「なし」と言えば果物の総称だったのね。渡来種でなく日本古来の代表果実だから「梨」の名を引き継いだの。

◆ちょっと待ちいな、神さんや仏さんにお供えするのに「無し」や「亡し」では罰当たるでぇ。ナシはあかんてか、ほな「アリ」にすればいいっしょや。

梨の縁起かついだ別名は「アリ」だったんよ。ひぇ~、そっちのアリだったのか。キリギリスやセミ持ち出して根性悪るやな。それに梨をアリなんてゼッタイ作り話だっぺ。

◆ウヒヒ、やっぱそう思う? こっちには立派な証拠もアリでよ。平安時代からね。
「花の折 柏に包む 信濃梨は 一つなれども "ありの実"と見ゆ」(西行法師)

◆<おまけ>言問い団子の好きな"アリハラのなりへい"ちゃんもこう言うてます。
「名にしおはば いざ言問はむ都鳥 ゲンかつぐ人の"ありはなし"やで」 (*^▽^*)
スポンサーサイト
19 : 30 : 07 | うまいもんクイズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<目玉のあるのはどれ? | ホーム | ◆この漢字、全部読めたら漢字博士 (17)◆>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fuutaro.blog26.fc2.com/tb.php/188-ffe65a78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。