FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
●ビールの栓のぎざぎざは何個ある?
2012 / 07 / 16 ( Mon )
◆ビール瓶のふたのこと、なんと呼びますか。
そりゃ栓(せん)に決まっているべや。だから開ける道具を、栓抜きつうでないの。

◆まぁ栓でもいいですが、正式には「王冠」というしゃれた名前がありまんねん。
18世紀の終り、アメリカのペインターさんが発明したといわれます。

◆戦場食のために缶詰作ったけど、缶切りまで頭が回らなかったナポレオンの失敗を踏まえ、ペインターさんはさすが発明家、王冠と一緒に栓抜きもしっかり作ってくれました。

◆王冠の名前は、その形からペインターさんが名づけたもの。栓抜きでスパッと開栓出来るのは、それまでのコルク栓で四苦八苦していた人びとには驚異だったんよ。

◆だから日本でもこんな新聞広告が出されたそうな。

「お中元なら王冠つきのビールでっせ。 ご婦人お子様でも超簡単にあけられまっせ」

◆王冠のサイズは、ほぼ世界共通、口径27ミリで高さは5.97ミリとめっちゃ半端。
そしてぎざぎざの数は、なんと、なんと、なんとこれまた半端な数でして・・・。

◆口を閉めつけている所をスカートというので、ぎざぎざはさしずめスカートのひだ。
20個だと外れやすく22個だと抜きにくい。3の倍数の21個が一番安定して使えるんですと。

◆もっともペインターさんの特許は24個だったそうですが、今でも特大ビンのスカートはなぜか24個。

そういえば、私のセーラー服のスカートもプリーツは24本だったような。
スポンサーサイト
20 : 07 : 21 | うまいもんクイズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ごった煮の「ごった」とはなんのこと? | ホーム | これが読めたらあなたも漢字博士(3)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fuutaro.blog26.fc2.com/tb.php/131-7fdc6fbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。