FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ハエが作った法律とは?
2012 / 01 / 10 ( Tue )
◆「羊頭狗肉」羊の頭を看板にして、売っているのは犬の安い肉、まぁ看板に偽りありって意味なんですが。 最近よく聞く言葉です。

◆先週、中国からのメールで、犬肉を羊肉と偽装して売るケースが多発、とありました。
陝西省西安市でのこと。

◆大昔の中国で生まれたこの諺(ことわざ)、と言うことは大昔から珍しくない話。
それどころか、どこの国でもありそうな。

◆「ハエの大和煮が入っていたでぇ、牛肉の缶詰買うたつもりやのに」
それは消費者から保健所への、一本の電話から始まった。 1960年のこと。

◆その缶詰、調べた保健所が驚いた。 こりゃ牛肉と違うがな、 お馬さんやで。
あわてて市中にあった牛肉大和煮の缶詰、20数社のを買い集めてチエックしてみたら・・。

◆なんということでしょう。 牛肉まともに使っていたのは、たったの2社だけで、残りは全部、安い馬肉や鯨肉だったんですと。

◆信じられぬことですが、牛肉より安く売っていたため、詐欺とも言えんなぁ、ハエ入りはともかく、別に害もないので食品衛生法にもひっかからんわと、全社おとがめなし。

◆そら、なんぼなんでもおかしいんでねか。 牛と言うて馬を売ってもいいんなら、競馬に、チータやダチョウ走らせてもいいてことになるべ。

◆消費者の怒りが国会を動かし、インチキな表示とか、過大な景品で客を釣る不当表示を止めさせる法律が、ようやく2年後に成立したのね。

◆「不当景品類及び不当表示防止法」略して「景品表示法」がそれ。
「1匹の蝿がつくった法律」とは、 「景品表示法」のことだった んよ。
スポンサーサイト
20 : 03 : 26 | うまいもんクイズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<モカコーヒー、ポートワイン、天津甘栗の共通点はどこにある? | ホーム | ケーキのババロア、なんて意味?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fuutaro.blog26.fc2.com/tb.php/121-b6364e9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。