スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
板チョコの四角い山型模様は何故あるの?
2013 / 05 / 28 ( Tue )
1)割りやすいため   2)ただのデザイン    3)製造上の都合
   
◆誰でも大好きなチョコレート、その原点はやっぱシンプルな板チョコではないでしょうか。

◆子供の頃、ハーシーの板チョコが憧れでした。アルファベットは読めなくても、
ハーシーチョコロゴマーク
←この文字だけはわかったもん。

◆包装紙から抜き出し、銀紙を端からそっと開いて、ひと山ポキッと折って口にいれる至福のとき。
ひぇ~、生まれてきてよかった。板チョコ模様


◆板チョコ表面についてる、四角い山型の枠模様。 タイルを並べたようなあの形は、一口サイズに割りやすいためと思ってました、が・・・。

◆それにしては溝に沿って、きれいに割れないのはなんでだべ。
そうなんよ。あれは割り目じゃないの。切手のミシン目とはわけ違いまんねん。

◆板チョコは溶けた原料を型に流し込んで固めるのね。
でも羊羹(ようかん)みたいにのっぺらだと、冷えるのに時間がかかって効率悪い。

◆あの溝はチョコが早く冷えるように、押し型で表面積を大きくしたデコボコだった。
バレンタインでチョネチョネと手作りならいざ知らず、大量生産ではもどかしい。

◆板チョコの四角い山型の模様は、短時間で固めたいメーカーの、
              製造上の都合だったんよ。

ひえ~、ラジエーターの役目だったてか!

スポンサーサイト
20 : 54 : 32 | うまいもんクイズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。