●フルーツポンチのポンチとは、なんのこと?
2010 / 02 / 25 ( Thu )
フルーツポンチ



◆ボクシングで、相手にパンチを浴びせれば優勢。
でもポンチを浴びせれば、即反則でアウトだっちゃ。 どっちも同じpunchやのに。

ず~っと疑問に、思っていたことがあるんですよぅ。
フルーツポンチの入れ物なのに、パンチボウルと言うのはなんでだべ。

◆猫パンチ、モンキーパンチ、コンソメパンチ。 
みんなパンチだけど、あの飲み物だけを、ポンチというのも、変な話。

でもポンチで良かったねぇ、漫才のフルポン。 
        パンチやったらあんた、古パンでっせ。

◆で、そのパンチ、いやポンチのことやけど・・・ 

昔、インドでの話。水、砂糖、レモン果汁、スパイスを混ぜたものに、アラック
(椰子などで作るお酒)を注いだ五種ミックスの、カクテルが大好きな王様が
いたそうな。

◆インドの人は、世界は五元素(五行説の始まり?)から、出来ていると信じて
いて、「五」はとっても縁起の良い数字だったのね。

ヒンヅー語では、五が「パーンチ」。 だからこの飲み物を、パーンチと言った
んですと。

◆中世、インドからイギリスに紅茶を運ぶ、帆船の水夫たちは、この飲み物が
お気に入り。 酔っ払って、パンチの応酬(なぐりあい)もあったかも。

それやこれやで、この飲み物は、英語でもパンチ(punch)と呼ばれ、やがては
ヨーロッパから世界中に広まったんよ。

このパンチの、お酒のかわりにソーダ水を使い、いろんなカット果物をメインに
したのが、今のフルーツポンチになったというわけ。

ということで、ポンチとは、五種類混ぜた飲み物(パンチ)の事だったんよ。
スポンサーサイト
20 : 03 : 51 | うまいもんクイズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
●小豆の粒あんを「小倉(おぐら)」と言うのは、なすてだべー。
2010 / 02 / 04 ( Thu )
◆同じ小倉でも、ゆうこりんの「こりん星」は東京港区のどっかにあるらしい。
でも、あんこりんの小倉は、京都にあるんどっせ。地図にも載ってる山どっせ。

◆粒あん、こしあん、つぶしあん、さらしあんなど色々ありますが、でも作り方で
はない、優雅な名前が付いているのは、小倉あんだけ。

◆江戸時代の和菓子屋さん「船橋屋」が考案した、こしあんに蜂蜜漬けの小豆を
混ぜた、粒あんが大ブレイク。 その粒々を、風流にも鹿の斑点にみたてたのね。


 ▼ヒントが簡単すぎて面白くないです。もっと考える楽しみがほしい。(神奈川県 亜津子さん)



では、ここまでのヒントで、挑戦! なんで小倉なの? 





うーん? の人は もうひと踏ん張り





わかった! の人は 答え合わせを



▼難しすぎます。 (青森県 れいさん)

▼なーんか分かりにくい。 (京都府 正子さん)



知ってる人には易しくて、知らない人には難しい。 これがクイズの宿命だべ。





◆「紅葉と鹿」とくれば花札と、歌で有名な京都の小倉山! 
小豆粒→鹿の斑点→小倉山、の連想ゲームで「小倉あん」とつけたんよ。 

◆それに、花札の猪鹿蝶(いのしかちょう)も、お客コイコイで縁起がいいっしょ。
余談ですが、小倉百人一首も、この小倉山で、まとめられたんですと。

◆小倉山は保津川を挟んで嵐山の北の山。 ま、高さこそ280mのミニやけどね。
万葉の昔から、多くの歌人たちが詠んでくれはったおかげで、宣伝効果は超ビッグ。

◆「夕月夜 小倉の山に鳴く鹿の 声のうちにや 秋は暮るらむ」 (紀貫之)
「ゆうこりんや 小倉あんパンやる鹿の 声うるさいで もう懲りんせい」(詠み人?)

◆北海道は、紅葉も見事、鹿だって焼肉にするほど多いのに、誰も詠んではくれん
かった。 小豆本場の十勝岳が、あんこになれんかったんは、そのせいだべなぁ。

テーマ:うまいもんクイズ - ジャンル:グルメ

17 : 39 : 54 | うまいもんクイズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |