●チョコの名門「ゴディバ」の、心打たれる名前の由来は?
2009 / 08 / 15 ( Sat )
マークをよくよく見れば ◆マークをよくよく見れば


◆メッチャ美味しくて、メッチャ高い、ベルギー王室御用達ゴディバのチョコレート。
馬に乗った女性がここのマークなのは、皆さんご存知の通り。

よくよくみればこの女性、なんとスッポンポンでないの。ひぇ~~。

◆中世イギリス、コベントリーの領主は、無駄遣いしては税金を上げていたのね。
領主の奥方が、住民のために税を下げてくれるよう頼んだのがことの始まり。

「おまはんが、すっ裸で町中を廻ってこれたら、考えんでもねぇけんどよ」 
(ま、そったらこと、死んでもできっこねえずら、 うひひひぃ・・)

◆今と違って、女性が裸を人目にさらすなど、死ぬほど辛い時代だったけど、
でも住民のため、奥方はビキニ一枚身につけず、白馬に跨って町を廻ったんよ。

町の人たちは、彼女の優しさに応え、当日は全員が家にこもり、窓を閉ざして
奥方の裸身を見ないようにしたんですと。 たった一人を除いてね。

◆この心優しく勇気ある奥方の名が、レディ・ゴディバ。
コベントリーでは馬に乗った彼女の銅像が、市のシンボルになっているそうな。

ベルギーでチョコレート会社を創設したドラップス夫妻は、この話に心打たれ、
“レディ・ゴディバの名を社名にした”という、素敵なお話。

◆ところで一人だけ覗き見をしたのは、恥知らずの助平男トム。
「ピーピング・トム(出歯亀)」として、ゴディバよりも知名度は高いかも。

金色の包装紙を開くと・・・ 金色の包装紙を開くと・・・

◆   一旦プレゼントページへ戻る。
スポンサーサイト
10 : 14 : 05 | うまいもんクイズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アレキサンダー大王が、愛する王妃に贈った有名なスイーツは?
2009 / 08 / 02 ( Sun )
◆アレキサンダー大王って誰?
 ラーメン大王なら知ってるけど。

むむむ、せばトランプのクラブの王様と言えば、お分かりになる?

◆アレキサンダー大王は、紀元前4世紀頃のマケドニア国王で、初の世界統一を
成し遂げた英雄だった。

◆ペルシャ王を追って、アフガニスタンに遠征したとき、そこで星のように美しいア
フガン小町のロクサーヌに出会って、ひとめぼれ。

王妃になってチョーダイと、かき口説いたんだそうな。

◆王は遠征先から、愛するロクサーヌのために、せっせとラブレターを送った記録
があります。 栗の実をシロップ漬けにした、お菓子を添えてね。

そのお菓子こそが、あなたも大好きなマロン・グラッセだったんよ。

◆今でもヨーロッパでは、永遠の愛の証として、マロン・グラッセを彼女に贈る風習
があるんだとか。 

◆もしかして「義理マ・グ」なんてのも、あるかもね。
12 : 09 : 56 | 千里が行く | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |