●京都名物の千枚漬は淀君の好物だった?
2009 / 04 / 13 ( Mon )
◆京都の三大漬け物といえば、千枚漬、すぐき、しば漬。
その千枚漬に使われるのが、「聖護院(しょうごいん)かぶ」なんよ。

◆18世紀始め京都の聖護院村で、近江かぶの突然変異(?)で生まれたんですと。

◆それから100年ほどたった慶応元年、京都御所の料理人だった大黒屋藤三郎という
人が、千枚漬を考え出して大ヒット!

◆この人が創業したお店が、千枚漬本家「大藤(だいとう)」
いまでもこのお店で買えますえ。

◆そやから、なんぼ美食家の淀君はんでも、好物にはできなかったんよ。
生まれるのが、三百年早かった。ということで、答えは「ウソ」

スポンサーサイト

テーマ:うまいもんクイズ - ジャンル:グルメ

17 : 43 : 04 | うまいもんクイズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |