スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
尼さんのおなら
2008 / 06 / 21 ( Sat )
◆おならを聞かれるのは、とっても恥ずかしい。特に若い女性はね。

◆昔、セレブな奥方やお嬢様には、屁負い比丘尼(へおいびくに)という尼さんが
付き添っていたそうな。

万一セレブがおならを漏らしたとき、身代わりするのが役目という妙ちくりんな職業。

◆「坊(ぼん)さんが、屁こいた」て、小さいとき遊んだことありません?

なして「坊さん」なんでしょうか。「じいさまが」でも、「ばあさまが」でも良さそうなもんやのに。

◆フランス語でペ・ド・ノンヌ、「ペ」とは「へ」のこと。つまり「尼さんのおなら」。プップッ!
だから、フランスの子供たちは「尼さんが、屁こいた」で遊ぶんよ(ウソ)。

◆この「尼さんのおなら」実はひとくちシューを揚げて、プーと膨らましたケーキなの。
お上品なケーキ屋さんは、スピール・ド・ノンヌ「尼さんのため息」と言い換えるんですと。

◆おならが日本でもフランスでも、「ぺ」や「へ」で、登場するのが、お寺の人というのは、
なんだか不思議な取り合わせだっぺ。

スポンサーサイト

テーマ:お菓子 - ジャンル:グルメ

07 : 37 : 53 | うまいもんクイズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。